読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meron Sweet

趣味について、自分なりに考える場として利用していきます。

自己を規定するもの

服装、振る舞い、行動、判断等によって、人は自分というものを規定している。

 

 

「人生に意味はなく、全ての意味は自分が与えるものだ。」

 

私はこの意味を本当には理解してなかった。

 

サラリーマンはスーツを着る。

医者は白衣を着る。

芸者は着物を着る。

富裕層は高い車を買う。

学生は制服を着る。

 

だけど、政治家もスーツを着る。

化学者も白衣を着る。

晴れの日には芸者でなくとも着物を着る。

軍隊も制服を着る。

 

人生、全てのものに意味はなく。意味は自分が与え、自分を示すためのものだ。

 

ちゃんとしてるという意味でスーツを着る人もいるし。

 

かっこいいからという意味でスーツを着る人もいる。

 

前者は、ちゃんとしているという意味を与え、ちゃんとしている自分というものを規定している。

 

後者は、格好いいという意味を与え、格好いい自分を規定している。

 

よれよれの格好をした男が2人いる。二人は金もなく、仕事もなく、学もない。

 

一方の男は、その状況を恨む、なぜこんなに悪いのか、駄目なのか。自分には価値がないと考えるかもしれない。

 

そうしてその男はその状況に、悪く、駄目で、価値がないという意味を与える。

 

それによって、悪く、駄目で、価値がないという自分を選択し、規定している。

 

もう一方は、その状況を良いことだと考えた。金もなく、仕事もなく、学もないのは、その後の人生の為のチャンスだと捉えた。

 

金がないのなら余計なことをしないで済むし、仕事がないのなら自由になれる。学がないのなら余計な知識に振り回されずに済む。

 

それによって男は、自由で、良い自分を選択し、規定する。

 

 

自分というものは、人生、社会、他人によって規定されるものではない。

 

それにどんな意味を与え、それによってどんな自分を選択し、宣言し、示すか。それによって自分を規定するのだ。

それが自分を再創造するということだ。

無意識的に行ってきたものを、意識的に行うことで、こうありたいという自分を選択するのだ。

 

今、あなたはこの文章にどんな意味を与え、どんな自分を規定しているだろうか。

 

ある体制があり、それに意味を与え、それに歯向かうのなら、そういう自分を規定するのだ。

それに意味を与え、従順なら、そういう自分を規定するのだ。

 

 

すべての選択、判断は自分というものを規定するものだ。

 

すべての行動、振る舞い、言動、判断、行動に至るまでのすべてが、あなたという人間を規定しているのだ。

 

人は人生を通して、自分を示す為に存在しているのだ。

 

大切なのは何をしているか、よりもそれをしている時、どんな人間なのかということだ。

 

目の前の困った人を前にして、あなたはどんな意味を与え、どんな自分

を規定し、宣言するだろうか。

親切な自分を経験するだろうか。 

 

 

嫌味を言われて、戦争を仕掛けられて、ドジを踏んで、

あなたはそれらにどんな意味を与え、どんな自分を宣言するのだろうか。どんな自分を表現するのだろう。

 

それは人それぞれだと思う。だからこそそれが美しいのだ。

 

それを意識的に行えば、社会や他人、その他の全てのものに振り回されることはないだろう。

 

人生に意味を与え、自分を規定し、選択し、宣言しているのは自分なのだから。

 

こう在りたいと思う自分であることだ。

自分にはその力があるのだ。

意味を与え、意識的に自分を選択する。

 

失敗をして、無意識的に自分は駄目だなどと思わないように、それがあなたを規定しているのだから。

 

意識的にそれができれば、どんな状況でさえ、恐るにたらないというものだ。

 

地獄の痛みでさえ、それに意味を与え、自分を規定し、選択すればよいのだ。

 

あなたはこれまで多くの人がしたように、痛みに苦しいという意味を与え、苦しみ続けるか?

 

それとも、成功のためのプロセスだと思い、喜びとして受け取る人間だろうか?

 

 

すべてのものに意味を与え、自分を規定し、選択し、宣言しているのはあなただ。

 

 

あなたは人生を通して、どんな自分を示し、表現したいだろうか?

 

人生は限りない自己の表現の場でもあると思う。