読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meron Sweet

趣味について、自分なりに考える場として利用していきます。

これから主流になる電子音楽(エレクトロ)へのススメ

今回はエレクトロがどうたらこうたらは書きません。最近嵌まっているクールなエレクトロソング達をブリブリホットに紹介していこうと思います。

 

これらを聴けば、エレクトロのなんたるかは丸わかり。

クールホットな音楽達が、あなたをこれからの音楽シーンへ引っ張って行ってくれます。

 

(エレクトロについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。)

 

まずは有名どころから入るのが定石でしょうが、そんなのは知りません。

 

とびきりマイナーな、でもカッコイイ音楽達が集まるエレクトロ界のいわばパリコレ、流行がここから生まれると言っても過言ではないと言えるsoundcloudから紹介します。

 

毎日大量にリリースされる音楽達にはアマチュアの曲も多く、ここからプロになる人も少なくないです。

 

そう、無限とも言えるエレクトロシーンにおいて、多様で大量のアプローチが生まれる場所がここsoundcloudなのです。

 

...助長になりましたが。まずはこれ。

 

soundcloud.com

 

正直ジャンル分けとか多様化しすぎててわかりません。ハウスかな?

 

ですがこのファッキンブリブリソング、楽しいでしょ?それだったら細かいことなんていいんです。

知能指数を0にして、えげつなく体を振り回して楽しむのがダンスミュージックですから。

ある意味理性の外側でアプローチする、芸術分野ならではなのかもしれません。

 

何も考えずアホになって全裸で暴れまわる。それがダンスミュージックダンスミュージックにおける品格なのです。

 

続いてはこれ。

 

soundcloud.com

 

さっきの曲に比べたら知っている人も多いのではないでしょうか?

 

エレクトロダンスミュージック好きだけど、ウルトラフェスとかは軽薄で音楽性がない。。なんていう人の見方、Zeds Deadです。

 

デッドマウス、ジャスティスなどの、あるいみ純粋な電子音楽として好きな人はこちらが好みだと思います。

 

音楽性よりもノリを重視した最初に紹介した曲よりも、随所に音楽としてのこだわりやセンスが見られます。

 

ダークなクラブミュージックよりですかね。

 

どんどん行きます、これ。

 

soundcloud.com

 

ダンスミュージックばかりだと、お腹いっぱいだと思うので次はちょっとお洒落な曲。

地下のジムで、聞きたいような曲ですね。こう言う曲を流す洒落た薄暗いバーみたいなジム作ったら人来そうですかねえ。

 

最近知った人なのですが、この人の他の曲もセンスに溢れていてオススメです。一度聞くと、これを無性に聴きたい気分の時がたまに来ます。

 

次は。

 

soundcloud.com

 

異色の天才続きになりますが bo en という方です。元々ゲームのBGMを作る人で。言われてみればBGMっぽいなという印象を受けます。

日本のカルチャーが大好きらしく、日本語を勉強してるとのことで、曲中に彼の日本語で歌った声が聞けます。

その経歴と世界観が、魅力的なボーエンワールドを生み出しています。

ハマるときっとあなたも好きになると思います。

 

関係ないですが、twitterでは拙い日本語で話してるのが萌えます。

 

次は、

 

soundcloud.com

 

天下のSkrillexが持つOWSLAからリリースされた曲のリミックスです。

 

原曲もいいですが私はこのリミックスが好きです。

 

ターンンターンと入る、スタブに打たれて、リラックスする、自分の中で癒され曲です。

 

続いて、

soundcloud.com

 

しゅごくないですか、アニメからサンプリングした音声が綺麗にはまっていて聞いていて心地がいいです。

これからのエレクトロにおいてサンプリングは重要項目だと思います。

あとニコニコ動画などの音MADに通づるところがあります。

 

ちゅぎ

 

soundcloud.com

 

またまた鬼才、ごちゃごちゃしてんのが最高にクールって感じの曲を作る人です。この人の作るリミックスもすごいのでよかったらぜひ見てくださいう。

 

ということで、わかりやすく飽きてきたのでこの辺にしたいと思います。

 

今回紹介したサウンドクラウドは、ワナビーも含めて、エレクトロ、いや音楽シーンで、最も活発な場所のうちの一つであると思います。

 

是非、自分の耳で、新しい時代の、新しい音楽を聴いてみてください。

技術が発達した今、作るだけなら誰でも簡単に音楽や何もかもの作り手になれる時代です。

 

そんな中で、様々な人が様々な音楽を、いろいろな思いで、いろいろなものを作っています。

これからの時代がどうなっていくのかはわかりません。

ですがだからこそ、この音楽の中に、人々のこれからの可能性や希望や夢やそのエネルギーを感じるができると思います。

 

エレクトロは時代や人とともにますます発展していくと思います。

 

あなたもエレクトロの見せてくれる未来を、少し覗いてみてはいかがでしょうか?